媒体別求人募集広告で応募しやすい年代層

企業が求人募集を行う時に募集を出す媒体によって、集まる人材が大きく異なる為、それぞれの特徴を理解して募集広告を出しましょう。
新聞や新聞折り込み広告に出す場合、地域や新聞の種類によって集まる人材が異なるでしょう。
新聞の場合には比較的まじめなサラリーマンをしている人材が、キャリアアップのために転職する目的で募集に応じることが少なくありません。
幹部候補生や既にスキルの高い人材を募集している企業にとってはうってつけといえます。
新聞をとっている場合にはある程度富裕層であることもあげられていることから、比較的高い年齢層や、パートを目的としている主婦層が応募してくる可能性が期待できるでしょう。
フリーペーパーの場合には主婦やフリーターが応募してくることが多く、即戦力となる人が応募してくることもあります。
玉石混交となっている為、面接で判断することが望ましいでしょう。
若年層の場合はパソコンやスマートフォンで見られる求人サイトが便利です。